2019年12月25日

盛岡市前潟の家/完成です

年の瀬を迎え、目が回るような毎日ですね。
みなさま事故などなきよう注意して頑張って下さい。

盛岡市前潟の家はいよいよ完成の時をむかえることができそうです。

シンプルな切妻屋根と黒い外壁に木製の縦格子が目を引く、
かっこいい外観となりました。

DSCF3879.JPG

内部はナラとカラマツの床板を張り分けて、
かっこよさとやさしさを切り替えています。

DSCF3815.JPG


DSCF3876.JPG

目の前がショッピングモールやその駐車場なので、
そちらからの視線からどうプライバシーを守るのかといのが課題でしたが、
1、2階にタタミ3畳ぶんのデッキを設けて、
そこに大きい開口部をとることで解決しました。

DSCF3791.JPG


DSCF3769.JPG

階段の段板にはあえて2種類の樹種の板を用いて、遊び心を入れています。
カツラとニレを用いていますが、わかりますか?

DSCF3796.JPG

お隣の庭園も借景に。

IMG_3730.JPG

緑道の景色もLDKからよく見えます。

2階からは岩手山も姫神山も見ることができます。


写真ではお伝えできませんが、
家事動線が良くまとまった、使い勝手の良い間取りになっているこの家で、
楽しく、豊かな暮らしをしていただけること間違い無し!
と信じております。
【関連する記事】
posted by はた at 12:11| Comment(0) | 盛岡市前潟の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

盛岡市前潟の家/見学会

みなさん年末モードで慌ただしくなってきているのではないでしょうか?
弊社の現場も引き渡し間近ということで、バタバタしております。

さて、盛岡市前潟の家がもうすぐ完成となります。
この度、御施主様のご厚意により見学会を開催することとなりました。
まだまだ、設備や家具が完成していないところもありますが、
岩手県産の木材をふんだんに使い、
使い勝手の良い間取りを実現した素敵な空間を体感していただけたらと思います。



盛岡市前潟の家 見学会(完成前ですが)

日時:12月14、15日 (土、日)
   10時から16時
場所:盛岡市前潟2丁目(麺屋八代うら)


お待ちしております!


外壁はガルバリウム鋼板の黒 つや消しで渋い!
IMG_3651.JPG

IMG_3652.JPG


内部は岩手県産の木材をふんだんに使っています。
構造にはスギ、カラマツ、ヒノキ
床にはカラマツ、ナラ
階段にはセン
天井にはアカマツのプレミアム合板

IMG_3653.JPG

IMG_3656.JPG

IMG_3655.JPG


まだ暖房設備が整っていません。
ですので、素の建物の断熱性能が体感できると思います。
壁の200ミリ断熱、樹脂サッシトリプルガラスの空間がどんな感じなのか?
確かめにお越しください。
posted by はた at 12:36| Comment(0) | 盛岡市前潟の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

みたけ5丁目の家

久しぶりのアップとなります。
フェイスブックページではちょいちょいと報告できていたのですが、
ブログの方ではなかなか今年の様子を紹介できていませんでした。

今年もお陰さまで、いろいろな仕事をさせていただきました。
そのうちのひとつを紹介します。
お引き渡しが済んだばかり、できたてほやほやの「みたけ5丁目の家」です。

玄関
IMG_3585.JPG

玄関の照明はwaranoueさんのナラのシェード。
IMG_3583.JPG

2階LDK 床はナラ、天井はクリ。テーブルもクリ。岩手県産です。
IMG_3562.JPG

IMG_3564.JPG

IMG_3579.JPG

IMG_3580.JPG

照明や家具に施主様のこだわりが反映された、
素敵な空間に仕上がりました!

椅子やソファなどが入ったらまたよくなりそうですね。
posted by はた at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

伊礼塾岩手

去る1月25日に新年恒例の東北住建さん(建材屋さん)の住建会セミナーが開催されました。
今年は建築家の伊礼智先生の講演でした。
そしてなんと、次の日の26日にはそのスピンオフ企画として、
伊礼塾岩手を開催しました!
これは、ある実際の敷地に住まい手を想定して、
参加者全員で即興でプランし、プレゼンし、先生から講評をいただくというもの。
なかなかのハードスケジュール!

この企画は、花巻の梅原さんを中心として、
工務店なかまで準備をし、設営をしました。
このような企画を快く受けていただいた伊礼先生には、本当に感謝しています。
また、東北住建さんにも支えていただきました。
本当にありがとうございました。


それでは、当日の様子を写真でお伝えします。

伊礼塾-エスキス中.jpg
盛岡のSORA CAFEさんで開催。
机も大きくなく少々狭かったのですが、
その分、お互いの熱気が・・・

伊礼塾-清水畑プレゼン.jpg
自分のプレゼンの様子。
伊礼先生にしっかりと講評いただきました。
課題は花巻市に二世帯住宅を作るというもの。
周囲の環境を読み取りながら、住まい手の要望にも答えながら・・・
3時間弱の時間でのプランでしたので、ギリギリでした。

伊礼塾-先生.jpg
作図中の伊礼先生。
伊礼先生も一緒に課題に取り組みました。
早い!、綺麗!
さすがです。

伊礼塾-懇親会.jpg
懇親会の様子。
伊礼先生には新幹線発車の時間ギリギリまでお付合いいただきました。
家についてのいろんな話を伊礼先生はじめ、岩手の家づくり仲間たちとできた貴重な時間でした。
本当に楽しかったです。


今年はみんなで伊礼先生設計の物件を見に行こう!と盛り上がりました。
絶対実現させたいと思います!


伊礼先生、ありがとうございました。

posted by はた at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

あけましておめでとうございます

IMG_0697.JPG


あけましておめでとうございます。

旧年中も多くの方に支えられ、
無事に気持ちの良い住まいづくりをすることができました。

本年も変わらず、コツコツと気持ちの良い住まいづくりに邁進します。
たくさんの仕事はできないかもしれませんが、
確実な成果をお届けできるよう頑張ります。

新年は1月7日を仕事始めとさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by はた at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

厨川4丁目の家/見学会

盛岡はお昼頃から雪が降り始めました。
外はあっという間に白くなってしまいました。


厨川4丁目の家が間もなく完成します。
現在、年内引き渡しを目指し、ピッチを上げて仕上げ作業をしているところです。

この度、お施主様のご厚意により見学会を開催できることになりました。
若干、作業が残っているタイミングではありますが、
この機会に弊社の家づくりを見てもらえたら嬉しいです。

岩手県産材、盛岡市産材のスギ、カラマツ、アカマツをふんだんに使った、
気持ちの良い空間の家ですよ。

R0005310.JPG
盛岡市産材のスギの外壁

IMG_0611.JPG
盛岡市産材のカラマツの床 オイル仕上げ中


□ 厨川4丁目の家/見学会

日時:12月22日(土)、23日(日)
   10:00〜16:00

場所:厨川4丁目8番 地内/ファミリーマートからJRアパート脇の道を南に下がったところです

事前予約は無しですので、お気軽にお越しください。
新しい家にキズをつけないよう、お荷物、服装にはご配慮願います。


なお、近所に「観岳ヶ原の家」の現場があります。
ご希望の方はこちらにもご案内しますので、よろしくお願いします。
posted by はた at 13:13| Comment(0) | 盛岡市厨川4丁目の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

観岳ヶ原の家・気密測定

紅葉の葉もすっかり落ちて、もう冬だな〜
と感じる今日この頃。
タイヤ交換は済ませましたか?


さて、観岳ヶ原の家では、先日気密測定を行いました。
性能の高い、省エネな家をつくるためには、
隙間があいていてはいけません。
隙間があると、
計画的な24時間換気が上手くできないだけではなく、
隙間がある部分で、断熱性能が低下したり、
結露がおきたりする可能性もあります。

ですので、気密測定は、
全体でどのくらいの隙間があるかという性能を知るためだけではなく、
どこかに、施工不良で隙間がないか?
というチェックになります。

IMG_0218.JPG

さて、結果ですが、
相当隙間面積C値 0.22㎠/u
でした。
これまでで、一番良い結果となりました。

その理由として考えられるのは、木製サッシの使用です。

これまでの物件での測定では、C値0.3くらいで、
樹脂サッシの引き違い戸の上下部分が負けてしまし、
それ以上には数値が上がりませんでした。

今回はC値0.22で木製サッシの片引き戸の召し合わせ部分上部が負けました。
でも、これってすごい性能だと思います。
この召し合わせ部分にテープを貼ってみたところ、
C値0.21となりました。


で、さらにすごいのはこの木製サッシのメーカーのノルドさん!
この、気密測定結果を知って、もっと性能を上げるためになんらかの処理をするとのこと。
もう、十分な性能ではないかと思っていたので、
その心意気に感動です。
ノルドさん、ありがとうございます。

こんなメーカーさんと仕事をできるのは、嬉しいですね!


posted by はた at 19:03| Comment(0) | 観岳ヶ原の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

「住宅とエネルギーを考える展」のお知らせ

日に日に秋が深まり、
里の秋も終盤戦という感じ。
朝晩もだいぶ寒くなってきました。

本日はイベントのお知らせをしたいと思います。


高性能な住宅づくりを研究し、実践をリードしてきたDotプロジェクトさん主催の
「住宅とエネルギーを考える展」
11月17、18日(土・日)に、
アイーナ 4F にて開催されます。
詳しくはこちら
https://www.facebook.com/events/1968948216736941/?event_time_id=1968948256736937

「真冬の岩手で素足で過ごせて、光熱費のとっても少ない素敵な家づくり」
を実践している方々に実際に会えるチャンスですので、
ぜひ、これから家を建てよう、直そうと考えている方は、
見に来て欲しいと思います。

私も 岩手の工務店4人展ということで、
工務店仲間4社でパネルを展示する予定です。
また、18日のトークセッションのところでも、
ちょこっと登壇の予定です。
普段の取り組みをお話しできればと思っています。
応援よろしくお願いします(笑)

住宅とエネルギーを考える展.jpg
posted by はた at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

盛岡市厨川4丁目の家・順調に進行中

お盆休みが明けて、いよいよ涼しくなるかと思いきや、
ひどい蒸し暑さの盛岡です。

さて、さる6月から工事を始めまた盛岡市厨川4丁目の家の現場は、
うまい具合に梅雨の時期も作業を進めることができて、
順調に上当時検査を受けるところまでになりました。

ここまでなかなか記事をアップすることができませんでしたので、
これまでのところを紹介したいと思います。

基礎はいつもの断熱型枠での施工です。
電動の鉄筋カッターを新たに導入して、施工が早くなりました!
IMG_1251.JPG


土台を敷いているところです。
土台下の気密パッキンは防湿シートが付いたタイプを採用しました。
これを土台下から巻き上げて、室内の防湿シートと貼り付け、防湿層を連続させます。
R0005164.JPG


開口部は樹脂サッシ、トリプルガラスを採用しました。
写真は樹脂サッシを内部から見たところですが、
サッシの周りの黒く隙間のように見えるところは、
隙間でなく、気密部材です。
この部材、厚み方向に膨らむ不思議なもので、このような隙間を埋めるのに便利なやつです。
R0005215.JPG


躯体の外側でも断熱をする付加断熱をしています。
厚さ50ミリの高性能グラスウール24Kを外周部につけていきます。
R0005209.JPG


ということで、
順調に工事は進み現在は外壁の杉板をうつための通気胴縁を取り付けているところです。
シルエットの通りシンプルな外観の家です。
シンプルですが、杉板張りで仕上げますので、いい存在感になると思います。
R0005228.JPG

まだまだ暑い日が続きそうですが、頑張って作業を進めていきたいと思います!

posted by はた at 14:06| Comment(0) | 盛岡市厨川4丁目の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

御岳ヶ原の家/岩手の木、盛岡の木

梅雨が明けそうで明けない盛岡、
全国的には猛暑のところが多いのですが、
今日の盛岡は涼しいくらいでした。

さて、御岳ヶ原の家では岩手県産の木材をふんだんに使っています。
地元盛岡市の木は特に多く使っています。
柱や梁といった構造材のほとんどは盛岡市のスギ、カラマツです。
外壁のスギ板も盛岡市のスギです。
他にもいろいろな地場の木を使っているので、
その一部をご紹介します。

R0004437.JPG
アカマツの梁です
ダイニング部分の空間を領域づけるために、意識的に配置します

IMG_0852.JPG
2階の天井部分は構造材をそのまま見せます
断熱材を乗せる小屋裏床の合板もそのまま見せます
この合板は岩手県産のアカマツを使用した、特別な合板です
キレイ!

RIMG2182.JPG
クリの木を4本、柱として使います
そのクリの柱の角を手斧を使って、なぐっているところです
角がついていると硬すぎる感じがしたので、
少し緩くしてみました
クリの木は縄文時代から建築材として使われていた木です

IMG_0943.JPG
外壁のスギの板です
木材保護材を塗布して変色してきているところです
着色ではなく、変色させているので、より自然な感じに仕上がるはず!


この他にも、岩手の木を使っていますので、
また紹介します。

posted by はた at 19:08| Comment(0) | 観岳ヶ原の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする