2016年05月06日

盛岡市高松の家・負荷断熱

ゴールデンウィーク後半戦となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
弊社は本日より通常営業に戻りました。
作業のしやすい季節です。
頑張って進めていきたいと思います。

さて、盛岡市高松の家の現場は順調に作業が進んで、
現在はサッシの取り付けが終わり、
壁の外側にプラスでつける、負荷断熱の作業をしているところです。

ここ数年、サッシは樹脂サッシを標準採用として、
できる限りトリプルガラス(3枚のガラス)を使用するようにしています。
さらに家の性能を上げようと思えば、
木製サッシの採用ということになりますが、お値段が結構高いので・・・
断熱材を厚くすることで性能を上げることを狙っています。

盛岡市は土地の値段がなかなか高いので、
土地を購入すると家に回すお金は限られてきてしまいます。
そんななかですが、できるだけ家の性能を上げる努力をしていきたいと思っています。


R0001686.JPG
サッシを取り付ける前に、外から透湿暴風シート、中から気密シートを先張りしています

R0001688.JPG
サッシを入れ込んだところです

R0001737.JPG
構造用面材を張った後、負荷断熱用の断熱材を外周部にぐるっと取り付けます
もう少し厚くしたいのですが・・・、今回は45ミリの負荷断熱
ちなみに、中から施行する通常の断熱材には木の繊維の断熱材を採用しています

posted by はた at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市高松の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする