2009年03月13日

太古の

先日、青森県立美術館へ行った際に、
すぐ隣の三内丸山遺跡によってきました。

太古の音が聞こえてくるような・・・

R0013032.jpg
GRDU

最近、建築の起源みたいなものに非常に興味があり、
今更のように建築史の本を読んでいます。
学生時代は斜め読みだったけど、
三十路半ばになったら歴史の本を熟読できるようになった・・・

R0013031.jpg
GRDU

縄文時代の建築物は遺跡の調査結果から、
想像してカタチの可能性を探るしかないわけで、
復元された住居や倉庫が本当にそうだったかは不確かなわけで、
だからこそこちらの想像力もかき立てられて、楽しい。

北東北三県には貴重な縄文遺跡が結構あるので、
季節が良くなったら見に行ってみようかな。

R0013024.jpg
GRDU

GRブログトラックバック企画に参加
posted by はた at 18:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北東北は縄文時代が長かったので、
(一旦入ってきた弥生式の文化も撤退したらしい、という説があるようです)
建築物も独自の発展をしていたかもしれないですね。

文献も少ないのですが
(あっても大和朝廷側からのみですし…)
逆に色んな想像がかきたてられますね。
Posted by FISAWO at 2009年03月18日 19:13
北東北は縄文時代が長かったので、
(一旦入ってきた弥生式の文化も撤退したらしい、という説があるようです)
建築物も独自の発展をしていたかもしれないですね。

文献も少ないのですが
(あっても大和朝廷側からのみですし…)
逆に色んな想像がかきたてられますね。

わたしたまに、想像が妄想に近付いて、トンデモ説までひねり出しますが(^^;)
Posted by FISAWO at 2009年03月18日 19:15
すみません2重投稿になってしまいました。

おさわがせしましたm(__)m
Posted by FISAWO at 2009年03月18日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115572320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック