2013年05月25日

山岸の家・エコ性能チェック

今日は盛岡市内の小学校は運動会のようですね。
賑やかな声が聞こえてきています。
みんながんばれ〜

さて、山岸の家は設計もほぼ終わり、着工へ向けて準備を始めています。
そんななかで、
もう、家のかたちを変えられる段階ではありませんが、
少しでも性能を上げられないかと、改めてチェックしています。

家の性能を測るのに使用するのは、
QPexという熱損失係数・暖房エネルギー計算プログラムです。
こちらに使用する断熱材やサッシなどの仕様を入力して、
家の性能を数値化します。

家のかたちは既に決まっていますので、
今入力して比較しているのは、
サッシ、ガラスをどれを利用するのか?
というところ。
樹脂サッシにするか、アルミ樹脂複合サッシにするか。
ペアガラスは最低ラインだとして、
Low-Eアルゴンペアか、はたまたトリプルガラスにするか。

開口部は熱の出入りが大きいところですので、
どれを使うかで結構違ってきます。

今回の検討の結果、
某メーカーの樹脂サッシを使用し、
ガラスは日差しを取り込みたいところでは、Low-Eペアガラスとし、
熱の出入りを少なくしたいところでは、真空トリプルガラスとすることに。

山岸の家の熱損失係数は1.2〜1.3となりました。
(換気システムの設定により少々かわります)
まあまあ良い性能数値になっています。

つくる前からこうやって性能を調べられるのは良いことですね。
posted by はた at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山岸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック