2013年10月30日

山岸の家・終盤戦

朝の冷え込みが辛くなってきました・・・
割りと早起きな方なのですが、最近は布団から出るのが・・・
つらいです・・・。

さて、山岸の家の現場の作業は終盤戦を迎えています。
弊社では食器棚や机など造り付けの家具をお勧めしているのですが、
山岸の家でも食器棚、机・本棚、下駄箱、等々を
大工さん工事でつくっています。
造り付けとするメリットとしては、
仕舞うものの寸法に合わせたり、空間を目一杯つかったりするなど、
寸法に自由がきくことや、
床、壁や天井にしっかりと固定するので、
地震の揺れに強いことがあると思います。
また、普段から使っている集成板を使ったり、
近場で揃えられる金物を使ってつくることで、
メンテナンスがしやすいということもメリットだと思います。

R0021310.jpg
下駄箱上部の吊り棚
施主様の「下駄箱の上ももったいないな〜」の一言からつくり足しました。

R0021312.jpg
2階ホールの本棚・机
イスではなく床座仕様の机です。その分本棚の容量をアップ。


現在、壁塗り作業も進行中。
下塗りしつつ、仕上げしつつですが、
2階はほぼ塗りあがりました。
本日はこあがりの畳スペースの仕上げ塗りをしています。

2階はこれまでも使用経験のあるタナクリームを使いましたが、
1階は初採用のスイス漆喰・カルクウォールを使用しています。
カルクウォールは質感が良く、
なかなか塗りやすくて、お気に入りの材料になりそうです。

R0021315.jpg

今度の土日も壁塗り作業をする予定ですので、
壁塗り体験してみたい方はお気軽にどうぞ。
もちろん、見学だけでも(笑)

posted by はた at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 山岸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック