2014年10月01日

上田堤の家・リフォーム中

今朝の最低気温は6℃・・・
山の木々達もぐっと色づいたのでしょうね〜

さて、今年の清水畑建設はリフォーム現場が続いているのですが、
現在は盛岡市上田堤にて築40年の住宅のリフォームをしています。

40年前の住宅ということで古い壁をあけてみると、
まったく断熱材は入っていませんでした。
天井も断熱材がのっかっていたり、いなかったり・・・。
サッシもアルミサッシ出たての頃のもので、スカスカです。
もちろん水回りの痛みもけっこうあり・・・。

これを全て改善していこうとすると、いくら予算があっても足りません。
限られた予算ですので、いろいろと考えながら現場を進めています。

R0023248.jpg
洗面とユニットバスを組むあたり、断熱材を入れ気密シートを張っています。

R0023249.jpg
キッチン、壁・天井に断熱材を入れ気密シートを張っています。

R0023274.jpg
床を張り替える部屋では床に断熱材を入れています。
すべての部屋でやりたかったのですが・・・

R0023278.jpg
屋根もリフォームしています。
現在ではちょっと考えられないのですが、細い垂木(たるき)を使用しており、
軒先がたわむ状況でしたので、
垂木を補強し、野地板にあらたに構造用合板を張り、強度を高めました。

古い建物を長持ちするように、そして、快適に暮らせるように改修するには、
やはり、たくさん手を掛けなければなりません。
とは言っても、予算も限られていますので、
適材適所にその予算を配分していかなければなりません。
難しいのですが、だからこそやり甲斐もありますね。

快適になった!と言ってもらえるように頑張ります!

posted by はた at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 上田堤の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック