2018年08月22日

盛岡市厨川4丁目の家・順調に進行中

お盆休みが明けて、いよいよ涼しくなるかと思いきや、
ひどい蒸し暑さの盛岡です。

さて、さる6月から工事を始めまた盛岡市厨川4丁目の家の現場は、
うまい具合に梅雨の時期も作業を進めることができて、
順調に上当時検査を受けるところまでになりました。

ここまでなかなか記事をアップすることができませんでしたので、
これまでのところを紹介したいと思います。

基礎はいつもの断熱型枠での施工です。
電動の鉄筋カッターを新たに導入して、施工が早くなりました!
IMG_1251.JPG


土台を敷いているところです。
土台下の気密パッキンは防湿シートが付いたタイプを採用しました。
これを土台下から巻き上げて、室内の防湿シートと貼り付け、防湿層を連続させます。
R0005164.JPG


開口部は樹脂サッシ、トリプルガラスを採用しました。
写真は樹脂サッシを内部から見たところですが、
サッシの周りの黒く隙間のように見えるところは、
隙間でなく、気密部材です。
この部材、厚み方向に膨らむ不思議なもので、このような隙間を埋めるのに便利なやつです。
R0005215.JPG


躯体の外側でも断熱をする付加断熱をしています。
厚さ50ミリの高性能グラスウール24Kを外周部につけていきます。
R0005209.JPG


ということで、
順調に工事は進み現在は外壁の杉板をうつための通気胴縁を取り付けているところです。
シルエットの通りシンプルな外観の家です。
シンプルですが、杉板張りで仕上げますので、いい存在感になると思います。
R0005228.JPG

まだまだ暑い日が続きそうですが、頑張って作業を進めていきたいと思います!

posted by はた at 14:06| Comment(0) | 盛岡市厨川4丁目の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]