2015年07月29日

盛岡市みたけのエコな家・付加断熱

暑い日が、寝苦しい夜がつづいていていますが、
皆様体調など崩されないで過ごされていますか?

さて、そんな暑さとは無縁な家づくりをしていきたいと常々考えていますが、
みたけのエコな家はまさしくそんな家を目指してつくっています。

この家では、基礎には断熱型枠を採用し、
窓には樹脂サッシ、トリプルガラスを採用しています。
これらはちょっとのコストアップで、
はっきりとした性能アップを感じられる、
コストパフォーマンスに優れた断熱方法です。

R0000641.jpg

今回はさらに何か性能アップを図ろうということになったのですが、
コストの大幅アップはできない・・・
そこで、壁の断熱材をいつもより少しだけ厚みを増そうということになりました。
柱間にいれる(いわゆる充填断熱)には木の繊維の断熱材ウッドファイバーを使い、
壁の熱容量をアップしつつ、
壁の外側には45oのグラスウールボードを付加することにしました。
45o以上の厚みにすれば、もっと断熱性能は上がっていくわけですが、
そうなると、付加断熱材を入れるための桟の厚みも大きくなり、
その桟を留めるために使用するビスも長くなったり、
特殊な物を使用しなければいけなくなります。
そうなるとコストはどんどん上がっていってしまいます。
45oであれば施工も容易なので、こすともあまり掛けずに付加断熱することができます。
予算は限られたものですので、負担感があるとなかなかできなくなってしまいますので、
このくらいの厚みはお施主様にも施工者にも採用しやすいところかもしれません。

R0000646.jpg

現場は間もなく、外壁張りの工程を終えて、
内部での作業に移っていきます。
来週からは内部で木の繊維の断熱材・ウッドファイバーを入れていきます。
ご興味のある方は、お気軽に見学にいらして下さい。

普段の現場の様子は清水畑建設のフェイスブックページにあげていますので、
そちらも是非ご覧下さい。


posted by はた at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市みたけのエコな家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

盛岡市みたけのエコな家・建て方

大気の状態が不安定なここ数日、
頻繁に雨雲レーダーをチェックしています。

そんななか、盛岡市みたけのエコな家の建て方作業を進めています。

R0000582.jpg
基礎コンクリートの上に気密パッキンを敷いてから土台敷き

R0000584.jpg
梁・桁はほぼあらわしとなり見えるので、傷をつけないように注意

R0000583.jpg
ネダレス合板にサンダーをかけて磨いています


ここ数年、弊社のつくる家で多いのが、いわゆる天井を張らない仕上げ。
上の階の床下地がそのまま見える仕上げ。
だからといってそのまま合板を敷き込むと、表面に印字されている文字が見えてしまうし、
下地材のばさばさ感がいただけない・・・
ひと手間サンダー掛けをすると下地材だと思えないような表情を見せてくれます。


兎にも角にも空の様子をうかがいながらの作業が続きます。
雨が降らないことを祈ります。
posted by はた at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市みたけのエコな家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

盛岡市桜ヶ丘の家・建て方中

暑くなってきました。
そろそろ梅雨入りかとは思うのですが、
なんかはっきりしないお天気が続きますね。

さて、盛岡市桜ヶ丘の家では建て方作業を行っています。

R0000553.jpg

お天気にもなんとか恵まれて作業を進められています。

R0000555.jpg

二世帯住宅ということで、結構ボリュームがあるのですが、
高さは抑えて設計しています。

建て主様ご家族も日曜日に見られたようで、
大変感激されていました。
何度も打合せを重ねてからの着工でしたので、
感慨ひとしおといった感じでしょうか。

それでは頑張って作業を進めていきます!
posted by はた at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市桜ヶ丘の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

盛岡市みたけのエコな家・基礎工事中

打合せで八幡平の麓まで行ってきましたが、
さわやかな風と緑がとても気持ちよかったです。
5月の岩手はこころが洗われる季節ですね。

さて、盛岡市みたけのエコな家の現場では、
基礎工事が進行中です。

基礎は断熱型枠Jーリミテッドを採用しました。
この工法での基礎がすっかり定着しました。
この方法だと型枠が断熱材でできているため、
後から張り付けるとか、
型枠を組み付けるときに一緒に組み込む、
という面倒な手間が省け、
非常にスマートに施工することができます。

他の現場に来ていた職人さんが何度も見に来ていました。
まだまだ珍しいのかもしれませんが、
このような工法が一般化するのではないかと思います。

R0000468.jpg
配筋工事が終わる時には、型枠も全て終わっている状態となります。
ですので、配筋検査を終えると次はコンクリート打設となります。

R0000474.jpg
コンクリートの打設は基本的には一回です。
ベタ基礎の土間部分と立ち上がり部分を一体でコンクリートの打設ができます。
普通の型枠ですと、ここを分けてやらなくてはいけません。

R0000494.jpg
型枠が断熱材ですのでノコギリやカッターでも簡単に加工作業ができます。
ですので、水道屋さんをはじめとする設備屋さんがあらかじめ穴をあけておく(スリーブ)のも
非常に簡単に作業ができます。

この断熱材は防蟻剤入りですので、シロアリに対しても安心です。

posted by はた at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市みたけのエコな家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

矢巾町土橋の家・見学会ありがとうございました

暑いですね・・・
車の中がぼーぼーです。

さて、23日、24日の土日に、
矢巾町土橋の家の見学会を開催させていただきました。
多くの皆様に我々の半年間の仕事を見ていただくことができて、
大変うれしく感じております。

R0000404.jpg

R0000411.jpg

R0000410.jpg

建て主様をはじめ、多くの方にご協力いただきました。
本当にありがとうございました。

引き渡しまであとわずか。
あとちょっと残っている作業を頑張ります!
posted by はた at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢巾町土橋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

矢巾町土橋の家・見学会

矢巾町土橋の家、完成が近づいてきました。

R0000294.jpg

お昼休みにウッドデッキに座り、
水の張られた田んぼを見ながらお茶を飲む。
現場での気持ちの良い時間です。

R0000390.jpg

さて、土橋の家では現在内部の仕上げ作業中です。
この土日にはお施主様も参加して壁塗りを進めました。

R0000392.jpg
お施主様、ご自分の書斎スペースの壁塗り中 体半分隠れてますが・・・

完成には5月中かかってしまいそうですが・・・、
23日、24日の土日に見学会を開催したいと思います。

岩手県産の杉板の外壁、赤松の床板、壁の漆喰仕上げと、
気持ちの良い素材を使ったおおらかな空間を体感しに来て下さい。
お待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

矢巾町土橋の家・見学会

日時:5月23日(土)、24日(日)
   10時から16時

場所:矢巾町土橋第11地割34−1
   シェーンハイムやはば のすぐ南になります
   国道4号線、三枚橋バス停を東に入り道なりにすすむとわかりやすいです
   敷地内に車も止められますので、お気軽にお越し下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by はた at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢巾町土橋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡市みたけのエコな家・地盤改良、基礎工事

盛岡市周辺でもこのところ田植えが盛んに行われていますね。
田んぼに水が張られるこの時期はとても清々しく、きれいな季節。
現場へ向かうプチドライブを気持ちよく楽しんでいます。

さて、こちらは事務所からドライブを楽しむまでもなく、
徒歩圏内の盛岡市みたけのエコな家。
この分譲地は認定低炭素住宅を基準にして、
建設する住宅の省エネ性能を満たすことを条件に売り出しがされています。
面白い取り組みだと思います。

いろいろなご縁がありこの分譲地にエコな家をつくらせていただくことになりました。
一度、弊社の住宅見学会にこられたお客様で、その後土地探しや家についての相談をしている時、
この分譲地を建築士の大先輩から紹介していただき、今回の工事となりました。
感謝です。

5月に入り、地盤改良工事を行い、
現在は基礎工事に入っています。
完成は秋になりますが、
いつもよりも断熱仕様を上げたエコな家となりますので、
みなさまに注目していただけたらと思います。

R0000327.jpg

地盤改良は柱状改良です。
この辺はその昔湿地だったところなので、しっかり改良しなくてはいけません。

R0000387.jpg

基礎工事、根堀中です。
なんか、遺跡の発掘している見たいですね(笑)
posted by はた at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市みたけのエコな家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

盛岡市桜ヶ丘の家・基礎工事中

山の緑が気持ちいい季節ですね。

さて、盛岡市山岸3丁目の桜ヶ丘団地内で、
2世帯住宅の新築工事を着工しました。

現在、基礎工事中ですが、
天候にも恵まれて順調にコンクリート打ちまで進んでいます。

こちらの団地は盛岡でも古い団地ですが、
山を切って造成したところで、擁壁の多いところです。
地盤調査の結果もあまり良くない・・・。
しっかりと支持地盤に家の重さを支えてもらわないと、
いつどうなるか心配でもありましたので、
しっかりと地盤改良工事をしました。
一般的な柱状改良では土地に圧力がかかって、
擁壁が膨らむ恐れもあるということで、
今回は鋼管杭による改良工事となりました。

R0000310.jpg

基礎工事が始まってから、天候に恵まれて順調に作業が進み、
ゴールデンウィーク明けには、
第三者機関による配筋検査を受けました。

R0000365.jpg

昨日にはコンクリート打ちも無事に終えて、
基礎工事の山場は越えた感じです。

R0000380.jpg

今回の基礎も断熱材でできた型枠を使用してのものです。
普通の型枠と違って、軽く、加工がしやすいので、
大変作業性が非常に良いです。
基礎断熱が当たり前となっている昨今では、
これら断熱型枠を採用するのがベターかと思います。



posted by はた at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 盛岡市桜ヶ丘の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

矢巾町土橋の家・仕上げ工事に入りました

春になったな〜と思ったら、
あっという間に桜が満開になって、
あっという間に桜が散って、
あっという間にゴールデンウィークが過ぎて・・・
あっという間にどんどん時間が過ぎていく・・・

R0000360.jpg

さて、そんな時間に追われる日々のなか、
矢巾町土橋の家はようやく造り付けの家具類も組み終わり、
やっと壁、天井の仕上げ作業に入りました。
壁はお施主様も参加されての漆喰クリーム仕上げです。
まずは下地づくりです。
現在、私と大工さんとで下地のパテ処理を進めているところです。

パテを塗るよりもマスキングテープを貼るのが大変。造り付けの家具が多いので・・・
R0000362.jpg

週明けには徐々に漆喰クリームを塗り始めたいなと思います。
今回はコテではなくローラーで塗れるものを用意しました。
ローラーならセルフでも抵抗無くやってもらえると思いますので。
作業が始まりましたら、また様子をアップします。

4月、ある日の早朝、朝もやの中の幻想的な佇まい
R0000268.jpg

薪ストーブの煙突がつきました。薪ストーブのある生活ってワクワクしますね
R0000298.jpg


posted by はた at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢巾町土橋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

矢巾町土橋の家・足場がはずれました

だいぶ春めいてきてすごしやすくなってきたな〜
と思っていたら、今日は寒いですね・・・
東京で雪が舞っているとか・・・
体調には十分に気をつけないといけないですね。

さて、矢巾町土橋の家の現場では、
内部の造作作業が進行しているところです。
面積がけっこう大きく、
屋根なりの勾配天井なので大変な箇所もあるのですが、
まずまず順調に進んでいるかと思います。

外部は足場がはずれてスッキリとしたところです。
外壁の杉板の色も日々色が落ち着いてきている印象です。
すでに周囲の環境に馴染んでいます。

R0000253.jpg
posted by はた at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢巾町土橋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする